G1予想 重賞予想

オークス [G1] スターズオンアース1着|重賞予想 2022年5月22日 - ◎ライラック11着

投稿日:2022-05-22 更新日:

UMAPS - 重賞予想

おはようございますー。平安Sは大本線で的中! ◎ケイアイパープルの冒頭に書いた通りで、人気なくてうまかったです。プラ転まであと一歩! さて、オークス。桜花賞は歴史的な大接戦決着で、内有利の馬場で恩恵を受けた馬とそうでない馬は、1着と10着(0.3差)でさえもあっさり逆転がある。桜花賞の着順はアテにならないが、前哨戦のレベルも低い。枠順、騎手、状態の上積みでどうにでもなりそうな感じ。低レベルの大混戦ということでいいでしょう。あれこれ押さえてもキリがないので、買いたい馬で鋭く振りたいですね。(´Θ` )
予想のポイント
①持続力(距離延長)②前走からの条件好転(今年は能力より重要)③差し馬 ④騎手 雨の影響は少し残りそうで、良だとしても高速ではなく、内は伸びない。パーソナルハイの単騎逃げ濃厚も、スタートが遅い馬の外枠。速いウォーターナビレラや行きたいラブパイローが内にいるし、出していくと2ハロン目が少し速くなる。ミルコのサークルオブライフは中山で見せた捲りに自信。早めの動き出しもありそうだ。昨年同様の外差しをベースに考えてみる。ハギノピリナは誰? 能力差が少ないので距離不安のある馬は苦しく、基本的には差し有利。騎手はミルコ、池添、祐一、ルメ、典さん。
以下、おまけ。2000年以降、低レベル混戦と思われる年の結果(各2行目は1ー3着馬のデータ)です。7レース取り上げて、馬券になったのは1人気4回、2人気2回、3人気0回、二桁人気は4頭。前走3着以内が15 / 21、差追が14 / 21。(※データというよりよみものとしてご賞味ください)
2020 2.24.4 デアリングタクト
 桜❶ フ❶ 忘❶ 1-7-13人気 差-先-差
2013 2.25.2 メイショウマンボ
 桜⑨ フ❷ フ❶ 9-5-1人気 差-差-追
2011 2.25.7 エリンコート
 忘❶ フ❸ 桜❷ 7-8-2人気 差-逃-追
2008 2.28.8 トールポピー
 桜⑧ 桜❷ 桜❶ 4-13-5人気 差-差-差
2007 2.25.3 ローブデコルテ
 桜④ フ❶ ス❷ 5-1-8人気 差-好-追
2002 2.27.7 スマイルトゥモロー
 桜⑥ 桜⑦ 忘❶ 4-12-2人気 追-好-先
2000 2.30.2 シルクプリマドンナ
 桜❸ 桜❶ 桜⑩ 1-5-16人気 差-先-先

推奨馬①
⑫ ライラック|穴★

フェアリーSでは大外をひとまくり、桜花賞馬(モタれていたが)を楽々抑えた。東京も1800mの新馬で素質馬エピファニーを相手に完勝。桜花賞は出遅れて勝負にならなかったが、最後まったく追わないのは祐一の優しさ。遠征××、滞在◯◯で、馬体はアバラが浮いて仕上がり良好。体重が維持できれば地元に戻って穴馬に。牝系はマイラーだが、同じように小柄だった半兄ブラックホール(父ゴールドシップ)がダービー7着、菊花賞5着。どちらも超穴で狙って3着とは僅差だったので、個人的にはリベンジの意味もこめたい。テイエムオペラオーの杵臼牧場、相沢先生は出走5回、7人気のウメノファイバーで勝ち、9人気のアイスフォーリスで3着もある。出遅れなければ。。ちなみに6枠は死に目ですw
 変身指数 56.0 ② 想定人気 36.3 ⑬
 通算|複率 50.0% 複回 95.0円 激走 0回
 近走平均|人気 5.0 着差 0.5 馬券3F 34.3
 中6週 連戦[1 0 0 1]春秋[1 0 0 2]
 東京芝[0 0 0 0]芝道悪[0 0 0 0]
 距延長[0 0 0 1]馬券距[16-18]
 ⇔初 横山和生 46位 相沢郁 108位
※騎手と厩舎の順位は過去3年(1095日前, n>=100)


推奨馬②
⑥ サークルオブライフ|推奨

桜花賞は外を回る不利が大きかった。配合はマイラーで馬体は太いかもと思わせるほど凄い重厚感。距離延長に一抹の不安はあるが、中山の未勝利やアルテミスSが持続力満点の差し脚。レースぶりや性格からは問題なさそうだ。ミルコは近年ラヴズオンリーユー、ユーバーレーベンで差し切っており、直線で並びかけるくらいのやや早めの仕掛けか。そこで止まれば距離、問題なければ馬券になる。調教もバリバリやれているし、一番確率が高いのはこれだろう(ということで1人気)。対抗に置くか、ここから穴に流すか。前者にした。
 変身指数 57.3 ① 想定人気 4.0 ❶
 通算|複率 83.3% 複回 210.0円 激走 1回
 近走平均|人気 3.5 着差 0.2 馬券3F 34.6
 中6週 連戦[3 0 0 1]春秋[1 0 0 1]
 東京芝[0 0 0 0]芝道悪[0 0 0 0]
 距延長[0 0 0 0]馬券距[16-18]
 M.デム[3 0 2 1]12位 国枝栄 6位


推奨馬③
④ ルージュエヴァイユ|穴★

フローラSは前残りを上がり最速で差して5着、直線は狭くなりスムーズにさばけなかった。不完全燃焼だが能力は見せたし、ジャスタウェイ×Frankelで祖母がデインドリーム(凱旋門賞、キングジョージ勝ち馬)というワールドスケールの良血馬。距離延長は問題なさそうなタイプで、オークス得意な池添がハマりそうな感じもある。過剰人気は承知のうえで相手に入れたい。枠はちょっと内過ぎたかな。デビューから3戦すべて上がり最速で、直線で外に出せれば差してくるだろう。
 変身指数 54.8 ③ 想定人気 10.7 ⑥
 通算|複率 66.6% 複回 96.6円 激走 0回
 近走平均|人気 2.3 着差 0.1 馬券3F 34.9
 中4週 連戦[2 0 0 1]春秋[0 0 0 1]
 東京芝[0 0 0 1]芝道悪[1 0 0 0]
 距延長[0 0 0 1]馬券距[18]
 ⇔初 池添謙一 37位 黒岩陽一 95位


推奨馬④
⑦ ホウオウバニラ|穴★

アルメリア賞は牡馬の重賞級2頭を相手に善戦。穴で期待したフローラSは体重も減って物足りない内容だったが、差し馬には不利な流れでこの馬の持ち味はまったく出ず。メンバー中最も長距離適性が高い血統で、ビッシュ(オークス3着)、ホウオウサーベル(菊花賞穴人気)の半妹、ワンダフルタウン(青葉賞)の近親。高齢の母はAcatenango産駒で米芝の中距離G1路線で活躍、牝系の奥は重厚で文句なし。馬体が戻るのは条件になるが、翔伍厩舎と相性の良い典さんで、おそらく好位から持続力勝負。流れが向けば粘り込んでの超穴演出。
 変身指数 49.1 ⑬ 想定人気 115.2 ⑰
 通算|複率 33.3% 複回 50.0円 激走 0回
 近走平均|人気 4.3 着差 0.4 馬券3F 34.8
 中4週 連戦[0 0 0 1]春秋[1 0 0 1]
 東京芝[0 0 0 1]芝道悪[0 0 0 0]
 距延長[0 0 0 1]馬券距[18]
 ⇔初 横山典弘 22位 安田翔伍 24位

危険な人気馬・ヒモ穴など

注アートハウス: 忘れな草賞は楽な展開で相手に恵まれたにしても、阪神内回りで上がり11.1は素晴らしい。馬体は美しすぎるくらいで一番良く見えるが、力強さが足りない感じも。輸送や左回り、厩舎的な上積み、川田のコメントなど不安要素は満載だが、今年のメンバーなら潜在能力で突き抜ける可能性はある。単勝以外は想定より売れておらず、ピンパー前提で相手に買う。ちなみに今年のPOG、最後の砦です。頑張ってほしい。。
エリカヴィータ: フローラSは低レベルだが、未完成の現状で勝ちきったのは評価できる。細身の馬体で距離はもちそうだが、母がキンシャサノキセキの全妹で血統的には微妙なところ。調教はやれたのと祐一で加点があっても、この馬は前走買った人が正解だよなー。ハイレベルの指数がないし、オッズからも食指動かずで。
パーソナルハイ: フローラSは恵まれたが、桜花賞は不利な形から健闘の部類。スタートの速くない逃げ馬なので、距離延長で楽に行ける可能性はある。とはいえさすがの矢作先生でも、このローテに加点はなく、オークスでの逃げ馬は苦戦傾向。指数は持っているがヒモ穴候補まで。
スターズオンアース: 桜花賞は左右に馬がいてモタれなかったが、川田の好騎乗、豪腕も光った。大外枠で同じ競馬ができるかというと? ルメールなので巧く乗るかもしれないが、カチッとした馬体で距離延長もどうか。Monsunがいて大丈夫かな? 安定感があるので消しにくいが、逆に桜花賞からの加点が少なく積極的に買う理由が見当たらない。押さえるかどうかという扱いで。
ベルクレスタ: 阪神JFからずっと枠の有利不利が噛み合わない。桜花賞は外を回り狭いところもあって0.2差、東京は向きそうで穴っぽい。母は1800mあたりを得意にしたが、BMSはアルゼンチンで活躍馬を出しているスピードマイラー。レース内容からは距離もこなせそうだが、血統的には微妙なところ。配当妙味も薄く、ソダシの隼人×須貝チームでどこまで。
ナミュール: 桜花賞は大外枠、動いて勝ちに行ったが止まってしまった。馬体維持が第一関門だが1週前はやれていたし、能力トップはこの馬。距離はやはり問題で、スピード寄りの牝系からも2400mへの延長は有利ではないだろう。高速馬場なら可能性があったが、タフな競馬だと苦戦するかも。ピンパーだが人気を考えて見送りに。
プレサージュリフト: 桜花賞は長距離輸送も堪えたか、良いところなし。かなり上積みがありそうだが、そのぶん売れそうで妙味は? 牝系はナミュール以上にスピード指向で、タフなレースでは力を出せない可能性あり。
ウォーターナビレラ: 前走メイチ、完璧な競馬で上積みなし。今回は内枠の恩恵も少なそうな馬場で、豊がどこまでごまかして善戦するか。本来は狙う場面ではないが、人気落ちでヒモには一考。
ピンハイ: 桜花賞は直線ごちゃついたが根性がある。BMSジャングルポケットで胴長の馬体は良いが、ミッキーアイルは? 輸送も微妙、外枠も微妙。
スタニングローズ: 薔薇一族で距離はいけそうだが、フラワーCは低レベル戦をインから完璧な競馬だった。レーンで妙味も薄め。
ニシノラブウインク: 立て直した前走で好走も、フラワーCのレベルは低い。配合やタイプからは距離OKで、超穴候補だが。。
シーグラス: ゴールドシップ! だが足りないかな? めちゃめちゃ時計かかれば。

 

本紙印・買い目と資金配分案

本紙 - 500%結論(回収率通算対象)
◎ 穴軸 : ⑫ライラック
◯ 対抗軸 : ⑥サークルオブライフ
▲ 穴推奨 : ④ルージュエヴァイユ
☆ 穴推奨 : ⑦ホウオウバニラ
注 連本線 : ③アートハウス

買い目(資金配分例は下表で)
❶単勝:⑫
❷ワイド:⑫─③④⑥⑦
❸馬連:⑫─③④⑥⑦
買い目右端の「%」は目標(想定)回収率
3連系は頭になく(ボーナス扱いや総流し以外は買っちゃダメですw)、馬連でバラバラ買うか、ワイドで絞るか。単勝を押さえながら、買いたい馬だけに絞りました。ワイドで1000%確保、馬連はボーナス。

予想公開時はオッズがまだ不安定なので、配分を変更することがあります(レース回収率500%確保のため)。稀に、どうにもならない場合には買い目を削ります(12:00頃までに確定)。増やしたり変更することはありません。

UMAPS - 変身指数


PDF版の指数表は改修中につきお休みです!


血統表を変更してみました。色分けと8系統の表記はこの表に基づいています。血統関連の指数も微調整しました。

血統表を変更してみました。色分けと8系統の表記はこの表に基づいています。血統関連の指数も微調整しました。

 G1予想, 重賞予想
 , , , , , , , , , , , , ,

Related Posts! - 関連記事

勝負服画像はwinfinal.comからの転載です

 

会心の「回収率1000%超」的中!

ローズS
[2021]

◯ 1着 アンドヴァラナウト
◎ 2着 エイシンヒテン
△ 3着 アールドヴィーヴル
ヴィクトリアマイル
[2021]

◎ 1着 グランアレグリア
注 2着 ランブリングアレー
◯ 3着 マジックキャッスル
フェブラリーS
[2021]

◎ 1着 カフェファラオ
▲ 2着 エアスピネル
◯ 3着 ワンダーリーデル
レパードS
[2019]

◎ 1着ハヤヤッコ
◯ 2着 デルマルーブル
☆ 3着 トイガー
ローズS[2021]
◯ 1着 アンドヴァラナウト
◎ 2着 エイシンヒテン
△ 3着 アールドヴィーヴル
ヴィクトリアマイル[2021]
◎ 1着 グランアレグリア
注 2着 ランブリングアレー
◯ 3着 マジックキャッスル
フェブラリーS[2021]
◎ 1着 カフェファラオ
▲ 2着 エアスピネル
◯ 3着 ワンダーリーデル
レパードS[2019]
◎ 1着ハヤヤッコ
◯ 2着 デルマルーブル
☆ 3着 トイガー
重賞公開予想回収率Report / 軸馬◎成績表 / 的中実績サマリー
〉2018年以降の実績一覧はこちら

Copyright© UMAPS , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.